赤い風船

コインロッカーベイビーの話が出て、

「赤いふうせん」のことを聞かれた。

同時期に歌も流行し、作品のCMだったのかと聞かれ、大いに違います、と。

たまたま同じ頃にコインロッカーにベイビーが捨てられるという悲惨な事件があり、「子供は天使」と思っていた私は、悲しみと怒りを込めて描いたので、社会派だのなんだの、学校やPTAなどから講演頼まれたり、手紙が多く来ましたね~。

いつの時代も「負」は弱者に向けられるし、大人がきちんと考えているのか気になりますね。

現在も保育園問題とか、いろいろね。

大人は自分も子供だったこと、親やまわりに育てられたこと、忘れたのかな~…。

イケスミチエコ

緋色マイロード(1)表紙 (C)イケスミチエコ/オフィス漫

イケスミチエコ先生の作品は電子書籍で絶賛配信中!

『孔雀の微笑み』、『アレンジ』、『愛してますか?』、『愛・標的-ラブ・ターゲット-』

探してみてください!

ニコニコ静画

Booklive!

Kindle

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です